history シボレーの歴史

2011年11月3日、シボレーは100周年を迎えました。

「シボレー」の名は、創業者であるスイス生まれのレーサー兼エンジニアであるルイ・シボレー(1878-1941年)に由来しています。1911年11月、米国・デトロイトのダウンタウンに近いレンタル・ガレージで初代シボレーが誕生し、以後、世界のあらゆる地域にその名が知られていくことになります。

シボレーは、その後100年間で、2億900万台を超える乗用車・トラックを生産し、世界140数か国で販売される世界有数の力一・ブランドの一つに成長しました。

日本での歴史も古く、1920年代から30年代にかけて、大阪でシボレーが製造されていました。 当時の製造と販売に携わったメンバーは、その後の日本国内自動車産業の礎を築いています。 日本においてシボレー・ブランドは、「コルベット」や「カマロ」などアメリカを象徴するアイコン・カーを日本市場に提供してきました。 2011年、7月30日には、7シーターSUV「シボレー・キャプティバ」を販売開始、さらに、11月12日には、ワイルド・コンパクト「シボレー・ソニック」が発売されます。

100周年を迎えたいま、アメリカの「パッション」と「実用性」を兼ね備えたブランド、シボレーの1世紀を訪ねてみましょう。


シボレー100年の歴史

画像をクリックすると、詳しい説明が表示されます。

CHEVROLET HISTORY CHEVROLET 「シボレー・モーター・カンパニー」設立 シボレーの第1号車"クラシック・シックス"誕生 「ボウタイ・ロゴ」登場 *ロゴマークの由来についてはこちら "490"を発表 シボレーが「ゼネラル・モーターズ」グループへ シボレー初のトラックを発表 日本においてGM大阪工場の操業を開始 6気筒エンジンのトラックを発表 「幌」からスチール製の「チューレトップ」へ "サバーバン・キャリーオール" が登場 第二次世界大戦のため、民間向けシボレー車の製造が一時休止 初のオートマチックトランスミッションを採用 初代"コルベット"C1が誕生 スタイリングの黄金時代の始まり ユニークな"エルカミーノ"を発表 GM初の空冷エンジン採用の"シボレー・コルベア"を発表 "コルベット・スティングレイ"を発表 初代"マリブ"を発表 初代"カマロ"誕生 第二世代"カマロ"デビュー 低燃費車の先駆けとなった"シェビット"を発表 "コルベット"がインディ500のペースカーに "カマロ"の第三世代がデビュー 第四世代の"コルベット"登場 ピックアップ・トラック"シボレー・C/K"発表 "コルベット ZR-1" 記録更新 100万台目の"コルベット"が誕生 第四世代の"カマロ"がデビュー 第五世代の"コルベット"が登場 第六世代の"コルベット"が登場 WTCCにシボレーチームが初参戦 先端技術のコンセプト・カー"ボルト"を発表 映画「トランスフォーマー」に"カマロ"が登場 第五世代の"カマロ"がデビュー 革新的な充電式電気自動車"ボルト"誕生 "コルベット"がル・マン24時間で優勝 7シーターSUV"シボレー・キャプティバ"日本デビュー シボレーチーム、2年連続マニュファクチュアラー・チャンピオンを獲得 ワイルド・コンパクト"シボレー・ソニック"日本デビュー

『シボレー』のロゴマークの由来


世界的に知られているシボレーの「ボウタイ(蝶ネクタイ)・ロゴ」は、1913年後半に、シボレーの共同設立者であり、GMの創設者であるウィリアム・C・デュラントによって採用されました。
しかしながら、このボウタイが、どのようにしてシボレー・ブランドのロゴマークとして採用されたのかは、さまざまな説があります。 そのうち4つの説をご紹介します。

その1つは、デュラントが、滞在先のフランス・パリのホテルの壁紙のデザインからインスピレーションを得たという説です。 1961年にシボレーから出版された「シボレー・ストーリー」に、「1908年当時、世界中を飛び回っていたデュラントは、あるフランスのホテルの壁紙のデザインの中に、視点を無限の彼方へといざなう模様を発見した。
彼は、その壁紙を一枚剥いで取っておき、友人に見せることにした。 それが、車のネームプレートに相応しいデザインになると考えたからである」という記載があります。

2つ目は、1929年、デュラントの娘であるマージェリーは、「My Father (父)」というタイトルの本を出版しました。 その中に、時々、デュラントが、ディナー・テーブルで、複数の紙片にネームプレートのデザインをとりとめなく描いており、その中の一つに、ボウタイのスケッチがあったという記述があります。

3つ目は、1986年、デュラントの未亡人キャサリンのインタビュー記事にボウタイにまつわる話が登場しています。 デュラント夫妻が、1912年に休暇中のホテルの部屋で、デュラントが新聞を読んでいる時、あるデザインに目をとめ、「これはシボレーのとても良いエンブレムになる」と彼が叫んだと話しています。 その時、夫人は彼が何を見て叫んだかわりませんでしたが、後に歴史家ケン・カウフマンは、当日新聞に掲載されていた広告、着火用の精製燃料製「Coalettes」の広告からヒントを得たのでないかと語っています。

最後の説は、1878年のクリスマスにスイスで 生まれたルイ・シボレーが、スイス国旗の十字の図案からデザインのヒントを得たという説です。

正しい由来がどれであろうとも、シボレー設立から数年後に、シボレーのロゴマークとして、ボウタイが採用されることになります。 ボウタイが、シボレー・ブランドのシンボルとして、初めて広告に使用されたのは「The Washington Post」の1913年10月2日付に掲載されたものです。 このシボレーのボウタイの彩色と細部は、1913年後半以来、数十年にわたって多くのバリエーションが使われてきましたが、基本的な形状はまったく変わっていません。

2004年に、シボレーは、全世界で販売されているすべての車種に現在のシボレー・ブランドのアイデンティティとして、ゴールド(金色)のボウタイを使用し始めました。 これにより、すでに世界で最も認知されている自動車ブランドのエンプレムの一つになっていたシボレー・ブランドのロゴマークが、さらにパワーアップされることになりました。

シボレーの「ボウタイ・ロゴ」の変遷
このページの先頭へ